フカセ釣りでボウズを回避‼️釣れるアタリの取り方

スポンサーリンク

f:id:turisukisanntouhei:20200229143722j:plain

『今日もボウズか????』

『いつになったらフカセ釣りで魚????が釣れるのだろうか?????』

こんな風に悩んでいる初心者さんいませんか?

筆者もフカセ釣りを始めた時は、初めてのチヌを釣るまで一年近くかかりました????

一年間、毎週のように釣り????に行き試行錯誤した結果、今では確実にチヌを釣ることができるようになりました????✨

だからこそ、言います‼️

釣れるか釣れないかは

「アタリを見極めることが出来るか否かで決まります????」

では、アタリを見極める極意を紹介していきましょう‼️

★そもそもアタリとは?

専門用語を使ってしまっていたので、ここでアタリとは何かを解説します????✨

魚????は餌を食べる際に人間のように一口で食べることはありません❗️

自然界では餌はもちろん生きた生物です????

なので、捕食する際には食べても安全だと思うくらい攻撃して弱らせる必要があります。

この、攻撃している動作がラインに伝わり「アタリ」となるのです。

つまり、「アタリ」とは餌の近くに魚????が来ているがまだ捕食していない状態のことを指します????✨

★アタリは2種類ある

アタリには2種類あります????

「前アタリ」と「本アタリ」です????

何が違うのかそれぞれ、解説していきます✨

「前アタリ」

前アタリとは魚????が餌に向かって攻撃????をしている状態です❗️

さながら、ボクシング????のようにヒット&アウェイを繰り返している状態なのです(笑)????

チヌは餌となるエビ????を吸い込んだり吐き出したりして攻撃します????

なのでここで合わせを入れてもフッキングする事は難しいです????

「本アタリ」

本アタリとは魚????が餌が十分に弱って安全だと判断し捕食して餌を飲みこんで移動した際にラインが引っ張られることで現れます????

このタイミングで合わせを入れることで確実にフッキングさせる事が出来ます‼️

フカセ釣り????でチヌを狙っていると

『前アタリはあるのに本アタリが無い』

という状況がよくあります。

これはチヌが餌を捕食しても

移動せずにその場に留まり続けているために、起こります????

特に活性の低い冬によく起こります。

このような場合は前アタリの少しあとに合わせを入れるとフッキングする可能性がアップします????✨

★見極め方 〜ウキを見る〜

アタリがどんな物なのかは理解できましたか?

では、具体的な見極め方を伝授していきます✨

目印となるのは「ウキ」の動きです❗️

・ウキがピクピクと上下したあとにジワ〜っと沈んでいく

一番多いアタリの出かたです????

・ウキがピクピクしたあとに潮に流されずにその場に留まる

チヌが居食いしている可能性があります❗️合わせを入れて様子をみましょう????

・ウキ下のGPSの沈下速度が急に変化する。もしくは沈下せずに止まる。

仕掛けが張りきってしまう前に魚????が餌を捕食しにきた場合に起こります????

★ラインを見る

『沈め釣り』という釣り方????があります????

その名の通りウキを海中に沈めて釣る方法です❗️

この場合、ウキは海中にあるので動きを見ることは出来ません????

なのでアタリは穂先とラインの動きで判断します✨

ラインでアタリを見極めるための準備

⓵キャストしてからウキが着水後、穂先を海中に漬けるように下に向けます。

⓶その状態で糸ふけを巻き取ります。

⓷5秒ほど待ってからゆっくりと穂先をあげます。

⓸穂先から海面までのラインが『し』の字を描いていますか?

あとは、ラインを張らず、緩めずしてこの『し』の字を保ちます

この状態が一番、アタリを見極めやすくなります。

f:id:turisukisanntouhei:20200229143805p:plain

どんな動きをするかと言うと・・

・スプールを押さえていた指を弾くくらいに急激にラインが出ていく

春〜秋にかけて活性が高い時に、このアタリがよく出ます。

・張らず、緩めずしていたラインのスピードが変わる、もしくは着底する前に止まる

潮の動きに合わせて、ラインは常に送ったり止めたりしています????

そのスピードやリズムが急に変わればアタリが出ています

・『し』の字が『一』の字になる

魚????が餌を食べると、たわんでいたラインがピンっと張ります????✨

このアタリが出たら迷わず合わせを入れましょう????????

ラインでのアタリの取りかたはわかりましたか?

ただ、もしもアナタが使用しているラインが単色では微細なアタリを見極めるのは難しいです????

何故なら単色ではラインが動いたとしても同じ色で目印がないので動きを目で追うことは出来ません????

ましてや、日中では海面で日光が反射して余計に見づらいです????

ですが、複数の色が混ざったラインを使用することで問題は解決します????✨

筆者はこのラインを使用してから釣果がアップ⤴️しました‼️

★まとめ

チヌやグレは繊細な魚????ですが、合わせをミスしたからといっても散って逃げる事はありません????✨

ミスを恐れることなく、怪しいアタリと感じたら積極的に合わせを入れていきましょう????

色々と挑戦し、仮説を持って実験を繰り返すことが釣果アップ⤴️に繋がります????❗️

タイトルとURLをコピーしました