子供と妻と釣り🎣と僕😊

~岡山で家族と趣味を楽しむ🎣~

釣れる確率が大幅アップ❗️ フカセ釣りでエサ取りをかわす6つの方法😆✨

f:id:turisukisanntouhei:20200315123731j:plain


「また、サシエがない💦」

 

「エサ取りしか釣れんやんけ😱」

 

こんな経験したことありませんか?・・・

 

こんにちわ!

釣り好き三等兵です😆

だんだんと暖かくなってきましたね✨

釣り好きには嬉しい季節です🎶

 

水温もあがるにつれて魚🐟の活性も上がるので、冬1日ねばって一枚だった釣果は2〜3枚と釣果があがってきて私のテンションも上昇中です(笑)🤣

 

ですが、この時期に厄介なのがエサ取りの存在です💦

こいつらのせいでせっかくのサシエもチヌまで届いていきません😱

 

そこで今回は、

エサ取りをかわしてチヌまでサシエを届けることで

大幅に釣れる確率がアップする

6つの方法を紹介します❗

 

ぜひ、みなさんもマネしてみてください👍✨

 

 

 

 

★エサ取りってどんな魚?

「敵を知り、おのれを知れば百戦危うからず❗️」

・・・孫子だったかな?(笑)

 

とにかく、まずは敵となるエサ取りにはどんな魚がいるのかを知っておきましょう😆🎶

 

クサフグ

比較的、水深の浅い岩場や砂場にいます😌

好奇心が強く、ウキやコマセの着水音で近づいてきます😅

小さなヒレで泳ぐため、泳ぐスピードはそこまで速くはありません☺️

 

ボラ

表層付近を集団で泳いでいます😅

赤色やオレンジ色を好んで攻撃する習性があります。💦

普段は海底に溜まったエサを捕食しています。

表層から海底までと遊泳力の強い魚です😣

ただ、ボラの下にはチヌがいると言われており、コマセが効いてる目安のひとつにもなります❗️

 

ベラ

磯などの岩場や砂混じりの地磯に多く生息しています🐟

海底付近に生息していており、自分のテリトリーを持っています。

積極的にエサを追い回すことはしませんが、テリトリーに入ったエサには貪欲に捕食します💦

 

アジ、サバ

泳ぐちからが強く、好物のオキアミを見つけると積極的に捕食します😅

フカセ釣りの外道とされていますが、私的には美味しいので逆にラッキーだったりします(笑)🤣

回遊魚なので、しばらくするとどこかへ去っていきます。

 

サヨリ

集団で海面ちかくを泳いでいます。

泳ぐちからは強いですが、

海面から1mくらいまでしかいません😊

サヨリも回遊魚なので、しばらくするとどこかへ去っていきます。

 

★エサ取りのかわし方6選

私がフカセ釣りで行っている

エサ取りのかわし方テクニックを紹介します😆✨

状況に応じて使いわけてみて下さい❗️

複数組み合わせるのもオススメです👍🎶

 

ハリのサイズを大きくする

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315165522p:plain

 

サヨリなどの小魚が多い場合は

ハリとエサのサイズを大きくします✨

自分の口よりも大きなエサには

興味を失い、追いかけてきません。

ハリが大きくなると沈下スピードも速くなるので、

エサ取りがいる層を突破しやすくなります🎶

 

仕掛けの沈下速度を速くする

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315165437p:plain


フグなどは泳ぐスピードが遅いです。

自分が泳ぐスピードよりも速いものには

興味を失ってしまいます😉

ハリスにガン玉を打ったり、オキアミから練り餌に変更することで沈下速度を速くできます❗️

 

エサ取りに強いエサを使う

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315120122p:plain

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315120140p:plain

 

オキアミは身が柔らかいので、エサ取りに少し突かれただけで取れてしまいます💦

こんな時は、付けかたを工夫しましょう😊✨

ハリにオキアミをダブルで刺したり、

オキアミとコーンを組みあわせてみましょう😆

練り餌に変更するのもオッケー👌です🎶

 

コマセワークでかわす

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315121907p:plain

 

手前のワザとコマセを撒いて、エサ取りをおびき寄せておきます☺️

そのあと、やや沖付近に本命のコマセを少量打ちます👍✨

あまりに距離が離れてしまうと意味がないので注意しましょう😄

コマセも2倍の量が必要になります❗️

 

時間差を利用する

 

f:id:turisukisanntouhei:20200315123150p:plain


通常でしたら、仕掛けが着水したあとにコマセを2〜3杯打ちます。

(※後打ちと言います)

ですが、エサ取りが多い場合は後打ちはせずに仕掛けをなじませていきます。

こうすることで

先にコマセを撒いたポイントに仕掛けが到着するころには

仕掛けがエサ取りの層を突破してチヌがいる海底付近にサシエが届いています😳✨

 

ウキのカラーを変更する

 

ボラなどは、オキアミと色が似ている赤やオレンジ色に向かって攻撃してきます😅

なので、ボラが多く沸いているポイントでは黄色や緑色のウキを使うといいでしょう🎶

オキアミを黄色に着色するのもいい方法です👍✨

ちなみに、チヌは黄色に反応して捕食を行うそうです😳‼️

 

★まとめ

いかがでしたか?

これをすれば絶対にエサ取りをかわせるという方法は残念ながらありません💦

状況によって色んな方法を試してみてください‼️

 

このブログを読んで下さった釣り人さんにお願いがあります🙇

 

エサ取りが釣れた場合は優しくリリースするか

美味しく食べてあげて下さい😆‼️

エサ取り達も一生懸命に生きています!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

このブログでは、他にも釣りの役に立つ記事を書いているのでぜひ読んでいって下さい🎶

 釣れるポイントを探している人はこちら→

www.turisukisantouhei.xyz

フカセ釣りのウキ選びで困ってる人はこちら→

www.turisukisantouhei.xyz