子供と妻と釣り🎣と僕😊

~岡山で家族と趣味を楽しむ🎣~

フカセ釣りのウキ下パーツが散らかっていませんか🤔?オススメの収納ケースを紹介‼️

f:id:turisukisanntouhei:20200313063404j:image

 

こんにちは😆✨

釣り好き三等兵です🎶

今回の記事はぜひ、これからフカセ釣りを始める人に読んでもらいたい内容です👍✨

 

ルアーフィッシングと比べてフカセ釣りはウキ下パーツがとても多いです💦

たくさん買ったはいいけど、どうやって収納しようかと悩んでいる人はいませんか?🤔

そこで今回は

・オススメの収納ケース

 

・私のウキ下パーツの収納術

 

・ウキ下パーツの使いわけ

を紹介していきます🎶

 

 

 

 ★オススメの収納ケース

私には収納ケースを選ぶ中でどうしてもはずせない、3つのこだわりポイントがありました

 

①仕切りのフタが個別にあくこと

 

②折りたたみ式であること

 

③開け閉めがシンプルなこと

 

ポイント①の理由

「ほかの、ウキや竿に予算使いたいから収納ケースは安いこれでいいや😚🎶」


・・・

ひょい→買い物かごにガサッ→そのままレジへ


ちょっと待って下さい❗️

その収納ケースはちゃんと仕切りフタが個別に開きますか?

実はこれ、私が最初にやった失敗です(笑)
フカセ釣りのウキ下パーツはとてもたくさんの種類を持っていないといけません

❗️
それなのに、仕切りフタが個別に開かなければ何かのはずみで倒してしまったらすべてのパーツがグチャグチャになり、釣りどころではありません😱‼️

ちゃんとフタが個別に開くかを確認して購入しましょう👍

 

ポイント②の理由

メーカーによっては勝手にフタが開いてしまうものがあります💦

とくに、ケースのフタがむきだし商品は要注意です😅

そのため、釣りから帰ってきたらよくポケットの中にガン玉やハリが散乱していました😱(笑)

なので、フタが勝手に開かない折りたたみ式のケースは絶対条件です😤

 

ポイント③の理由

無事に折りたたみ式はケースを購入して使っていたのですが、また新たな問題が出てきました・・・😫

「いちいち開け閉めごとにパチパチするの面倒くさい💦」

f:id:turisukisanntouhei:20200313064211j:image

折りたたみ式は収納ケースは写真のように勝手に開かないようにロックする機能がついてるものがよくあります😊

 

これが地味に面倒です💦
特にフカセ釣りの場合釣り、片手がふさがってしまう状況がよくあります❗️


そんな時、このタイプのケースだとロックがしにくくてストレスでした😖

 

そこで、見つけたのが

「VERSUS」VS-388シリーズ‼

「 MEIHO 」プレミアム アキオくん!

 このふたつです

 

 

ちゃんと仕切り別にフタがついてる上に、折りたたみ式で中身がこぼれることがありません。

そのうえ、ロックはする方法はただ閉じるだけ😳✨

バネが硬いので勝手に開くことはありません‼️


ホンマめっちゃオススメです😆🎶

 

★おすすめの収納方法

私はウキ下パーツを3つの収納ケースに分けています。

 

「ハリスケース」

f:id:turisukisanntouhei:20200313063452j:image

「針・ガン玉ケース」

f:id:turisukisanntouhei:20200313063530j:image

 

「ウキ下パーツケース」

f:id:turisukisanntouhei:20200313063607j:image

 

こう分けることで、例えば

 「ハリスを交換したい時は、左の胸ポケット」

 「針のサイズを交換したい時は右ポケット」

 「ウキとウキ下を交換したいとくは左ポケット」

という風にスムーズに状況に合わせてパーツを取り出すことができます!

 

こういった地味な仕組みが大きな釣果につながるのです

では、収納ケースごとに中身を紹介していきます😆✨

 

ハリスケース

私はこのハリスケースに収納しています😆🎶

f:id:turisukisanntouhei:20200313063452j:image

このハリスケースはメッシュ素材なので湿気がこもらない

ので、気にいってます✨

種類は全部で4種類持っていきます🎶

1.75号、1.5号、1.0号、0.8号

メーカーは特にこだわってはいません😊

ただし、0.8号だけはピンク色で魚🐟からラインが見えないという

サンライン オシャレを使用しています✨

コレとウキ止め糸を一緒に入れています😆🎶

 

あとマスキングテープを2cmくらいに切ったものを、それぞれのハリスにくっつけています😊

これがあると、ハリスがピロピロしないので便利です🎶

 

釣りはじめは1.5号から使っていきます。

魚🐟がなかなか、喰いついて来なければ段々とハリスを細く交換していきます👍✨

1.75号ハリスは根が荒そうな磯場で釣りをするときのみ使用しています🎶

 

針・ガン玉ケース

針・ガン玉ケースはこのように収納しています😆✨

f:id:turisukisanntouhei:20200313063511j:image

f:id:turisukisanntouhei:20200313063628j:image

f:id:turisukisanntouhei:20200313063807j:image

 

使用している針は次の4つを揃えています😊

 

・オーナーバリ 速手グレ針4号

・オーナーバリ 速手グレ針5号

・鬼掛け 競魂チヌ針1号

・鬼掛け 競魂チヌ針2号

 

これらの針をハリスと同じように太いほうから順に使っていきます🎶

 

このハリはトーナメントターから教えて頂いたのですが、めちゃめちゃいい商品です😳✨

とにかく、貫通性が良いので軽くアワセただけでも確実にフッキングします❗️

「ん?アタリかな?」

・・・ひょい

ぐらいのアワセでもチヌのカンヌキと呼ばれる1番硬い部分を貫いてくれます😆🤣‼️

 

・ガン玉

ガン玉のサイズは・・・

B、G3、G5、G8

この4つを揃えています🎶

ガン玉はすべて買ってしまうと収納するのに場所をとってしまうので、このくらいの種類があれば十分です😊✨

 私は基本的にはG5のガン玉をハリスの3ヶ所に同じくらいの長さで打ちます👍

 

あとは仕掛けの入るスピードや角度でガン玉を足したり、減らしたりします✨

潮がめちゃ速いポイントではハリスの1番上にBを打ちます😊

逆に緩いポイントではG8を3つ同じような長さで打ちます✨

 

ウキ下パーツケース

ウキ下パーツケースには、これらのパーツを収納しています‼️

f:id:turisukisanntouhei:20200313063848j:image

f:id:turisukisanntouhei:20200313063900j:image

f:id:turisukisanntouhei:20200313063913j:image

フカセ釣りを始めたばかりの頃は色々買ってきましたが、使っているうちに選別されて今はこれらが一軍になりました✨

 

・半円シモリc型

 

・カラマン棒(大)

 

・キザクラ クッションストッパー

 

・ガルツ GPS  G5

 

・キザクラ ガンクッションLサイズ

 

・キザクラ KzSUV全層ホルダーWR

 

・サルカン 極小サイズ

 

ウキ下パーツは使用するウキとの相性で決めています☺️✨

以前の記事でオススメのウキを紹介しています🎶

こちらの記事を読んで頂いたらより理解が深まります😊

 

www.turisukisantouhei.xyz

★ウキ下パーツの使いわけ

ウキ下パーツは使用するウキに合わせて変えているので私がよく使用するウキごとのパターンを紹介します

 

パターン① 大知ウキ遠投60

大知ウキはゆっくりと沈下していくので潮をつかむ力がやや劣ります💦

なので、ウキ下には

・キザクラ ガンクッションLサイズ

・キザクラ クッションストッパー

を使うことが多いです👍✨

 

パターン② プログレスチヌ

プログレスチヌハイグレードは沈下速度がとても速いので、ウキ下パーツは潮をつかむ力が弱いものがいいです✨

私はいつもコレを使っています👍✨

・カラマン棒(大)

ウキ下パーツよりもハリスにガン玉を3つ打ってしっかりと仕掛けを張るようにすることのほうが重要です‼️

 

パターン③ 黒魂 DET

黒魂 DETは棒ウキタイプです✨

そのため、ウキ下にはしっかりと潮の流れを掴んでくれるものを組み合わせるといいでしょう😊🎶

また、ウキ下パーツの視認性も重要です❗️

なので、私はこれを使っています😆🎶

・ガルツのGPSシリーズ

このシリーズはGPSのパーツを変更することでウエイトを変更することができます😳✨

なので、どんな潮の速さにも対応することができます。

 また、ラインを切らずにウエイト変更ができるので、仕掛け交換の時間が短縮できます😆‼️

 

★まとめ

いかがでしたでしょうか?

道具やパーツがキレイに整理整頓されていれば、仕掛けをつくる時間が短くなります。

その時間を使って釣りに集中できるので釣果はおのずと上がってきますよ❗️

 

ほかのオススメ記事はこちらです

フカセ釣りの手順が知りたい方は→

www.turisukisantouhei.xyz

沈め探り釣りの記事はこちら→

www.turisukisantouhei.xyz